選択されているタグ : 雑感 , 消費税

花明り

花明りが好き。見とれてしまう。
しかし、今年もゆっくり花見などできずに終わりそうだ。今月おこなわれる秩父市議選や上里町議選にむけて毎日ばたばた。あっという間に4月の一日目が終わる。
3月を振り返ると、「第三極」と言われていた政党の没落が印象的であった。維新の会の橋下大阪市長の「一人相撲」(大阪市長選)とみんなの党の渡辺代表の「8億円の熊手」。自民党への怒りを託せるのがどこの党なのか、さらに明確になってきたと思う。
季節は春の陽気となってきた。が、庶民の暮らしはお寒いまま。今日から消費税が8%に増税された。値上げ、値上げの連続で、庶民は音をあげている。「なんとかしてもらいたい」という期待と注目にどうこたえるか。いま、がんばりどき。


プロフィール

柴岡ゆうま
  • Twitter
  • Facebook

埼玉11区から国政へ

県書記長

柴岡 ゆうま

1984年生まれ、34歳。深谷市内の小・中学校、県立熊谷農業高校、帯広畜産大学を卒業。日本共産党県書記長、党中央委員、前埼玉北部地区委員長。家族は妻と一男二女、深谷市在住、趣味は読書とカーリング。若者の声を、子育て世代の声を国政に届けるために全力で奮闘中[生い立ち][旧ゆうまブログ]。 ※お問い合わせは、日本共産党埼玉北部地区委員会[寄居町桜沢3315-2、電話048-581-0113、地図]へお願いします。リンク用バナーリンク用バナーリンク用バナーです。ご活用ください

イベント情報

エントリーリスト

タグ

ツイッター