選択されているタグ : 経済

タグを絞り込む : つどい はたらく 原発ゼロ 平和 消費税 社会保障 農業 TPP

「実感できぬ景気回復」の行き着く先

最近、自民党の新しいポスターを街中でみかけた。「まっすぐ景気回復」だそうだ。実際には「景気回復」よりも先に消費税増税が来たのだが、いつかは「景気回復」してもらいたいとの思いもまた根強い。安倍政権の内閣支持率が下がらない理由がここにある。「景気回復」への期待、というよりも、そこにすがる思いがあるのだ。
消費税増税、原発再稼働、TPP推進、秘密保護法強行、集団的自衛権行使容認…。安倍政権の1年半は暴走に次ぐ暴走であった。世論調査でこれら一つ一つの政策が問われれば、反対の声が圧倒的ではある。安倍政権の中身は支持されていないのだ。
だからこそ、マスコミ対策は万全のようだ。「消費税増税の影響は想定内だ」とか「デパートの売り上げが昨年よりも伸びてる」とか、執拗に流される。NHKしかみなければ、安倍政権はがんばっているとなるだろう。しかし、内閣支持率は、私は今後低下傾向に入ると思っている。マスコミを動員した景気の「気」の部分を操作するやり方には限界がある。
「実感できぬ景気回復」の行き着く先は明瞭だ。「景気回復」の一点の幻想がはがれれば、安倍政権はいっぺんに落ち込むだろう。それを早めるために明日もがんばる。


党そのものを語る


今日は、党保育後援会のみなさんによる集いに参加。子育て世代にむけて、憲法や経済、ブラック企業、TPPなどの話をさせていただいた。この間、日本共産党の政策や党そのものを語る集いに出させていただく機会が多くなっている。集いでは、毎回、どうしたらわかりやすく伝えられるか試行錯誤している。
今日のような子育て世代向けの話と年配の方々にむけての話はおのずと内容は変わってくる。党への疑問、質問があふれるほど出される時もあれば、そうでない時もある。来週も集いが予定されている。いろいろと試しながらの集いは、参院選投票日までつづく。


「もう一つの道」を語ること


先日、本庄市業者後援会の決起集会に参加した。
私は、消費税増税の問題を中心に講演。参加者の皆さんに、「本庄税務署管内に所得1億円を超える方、何人いらっしゃるかわかりますか?」と質問する。

会場から、「売り上げではなくて、所得1億円?そんな人いるの?」という声が出る。だいたいの答えが出そろった時に、私から「正解は1人です」と言うと、「オー」の声。
「日本の税制は、所得1億円を超えると税の負担率が下がるんですよ」と事実を伝え、不公平な税制を改めれば、消費税を上げなくても社会保障は充実できると党の提案を語った。

「増税やめさせる署名を100筆以上集めたが、法案が通ってから張り合いがなくて…」という方には、「民自公が一番恐れているのは、増税中止法案を新しい国会で出されることなんですよ」とお話しした。

決起集会を通して再確認したのは展望を語ることの大切さだ。テレビや新聞では、増税やむなしと言い、第三極だと言う。そうではない、「もう一つの道」を語ることが、私の役目だと改めて思った。
公示まで10日を切った。街頭で、集いで、軒先で、「もう一つの道」を語りぬきたい。


座談会でみえたもの


地域情報誌の企画で「座談会」をおこなった。17日に、衆院埼玉11区、12区の新人予定候補者が一堂に集まり、対談した。座談会の内容は、趣味などの話から、原発やTPPなど多岐に渡った。何しろ生まれて初めての座談会。しかも、他党派(自民やみんななど)との討論。手に汗にぎる、緊張の2時間であった。


この間の取り組み


「TPPトークセッション」(主催は日本共産党青年後援会「風おこし隊」)が先月30日におこなわれた。私と埼玉農民連会長の立石昌義さんとのトークセッションがメインの企画。若い世代に、「柴岡ゆうまを知ってもらうこと」、そして、TPPの危険性を伝えていこうと企画された。企画には「早わかりTPP」と立石会長による講演なども組み込んだ。「わかりやすかった」などの感想が多数寄せられた。


今回のようなカフェを借り切っての取り組みは今後につながると思う。政治にあまり関心がない人でも敷居を高く感じない雰囲気がよい。コーヒーを飲みながらおおいに懇談をした。青年後援会のみなさん、企画運営などがんばっていただき、本当にありがとう。


プロフィール

柴岡ゆうま
  • Twitter
  • Facebook

埼玉11区から国政へ

北部地区委員長・青年学生部長

柴岡 ゆうま

1984年生まれ、33歳。深谷市内の小・中学校、県立熊谷農業高校、帯広畜産大学を卒業。日本共産党埼玉北部地区委員長、党中央委員。家族は妻と一男二女、深谷市在住、趣味は読書とカーリング。若者の声を、子育て世代の声を国政に届けるために全力で奮闘中[生い立ち][旧ゆうまブログ]。 ※お問い合わせは、日本共産党埼玉北部地区委員会[寄居町桜沢3315-2、電話048-581-0113、地図]へお願いします。リンク用バナーリンク用バナーリンク用バナーです。ご活用ください

イベント情報

エントリーリスト

タグ

ツイッター