選択されているタグ : はたらく

タグを絞り込む : つどい 平和 演説 経済 TPP

本物のビール

昨日は深谷寄居地域メーデーに参加した。雨が降ると言われていたが一転していい天気。思い思いのプラカード、子ども連れの労働者、新緑のなかの気持ちの良いメーデーとなった。メーデーでは、組合ごとにスピーチがおこなわれた。そのなかで、「発泡酒ではなく、本物のビールが飲める賃金がほしい」という発言があった。生活実感がよくわかる、聞いている人にぴったりくる発言であった。どんな理路整然なスピーチでも、この一言にはかなわない。
労働者は働いて帰ってきたら本物のビールが飲みたいのだ。それが当たり前の社会をつくっていこう。飲みすぎはよくないけど。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

柴岡ゆうま
  • Twitter
  • Facebook

埼玉11区から国政へ

県書記長

柴岡 ゆうま

1984年生まれ、34歳。深谷市内の小・中学校、県立熊谷農業高校、帯広畜産大学を卒業。日本共産党県書記長、党中央委員、前埼玉北部地区委員長。家族は妻と一男二女、深谷市在住、趣味は読書とカーリング。若者の声を、子育て世代の声を国政に届けるために全力で奮闘中[生い立ち][旧ゆうまブログ]。 ※お問い合わせは、日本共産党埼玉北部地区委員会[寄居町桜沢3315-2、電話048-581-0113、地図]へお願いします。リンク用バナーリンク用バナーリンク用バナーです。ご活用ください

イベント情報

エントリーリスト

タグ

ツイッター